« バハレーンでの調査その2 | トップページ | 終わり »

2017年2月17日 (金)

バハレーンでの調査その3

昨日はバハレーン文化・古物局の収蔵庫にて、シャホウラー(Shakhoura)古墳群出土の石製装身具の見学。紅玉髄、縞瑪瑙、アメジスト、水晶といった石材でつくられた玉をみせていただきました。この古墳群はティロス文化期(Tylos Period、前3〜後5世紀)に属する古墳群ですが、文化・古物局の顧問をされてているピエール・ロンバールさんによると、副葬品が多く出土するのは前1〜後1世紀頃のことのようで、多数の石製装身具もその時期を中心とするものと考えられます。

Dsc_1407

樽形玉が多く含まれていますが、その中には長さ5cmを超える超長型も多数みうけられました。さらに孔をみると、1〜1.5mmほどの細いものが多い。石材の種類、形態、孔の特徴から判断すると、南アジア産の可能性がきわめて高いと考えられます。しかも南アジアで出土するものよりも製品としてのクオリティが高いのには驚かされます。また、わずかながら、装飾紅玉髄玉も含まれていることも、南アジア産の玉がバハレーンに流入している可能性を示しています。

このティロス文化期の時代、南アジア産と推定される石製玉が東南アジアからアラビア湾岸、西アジアにかけて広く分布することがいわれてきましたが、南アジアを含めた各地の資料を詳細に検討した研究はほとんどなく、印象論が定説化しているところもあります。そうした状況の中で、各地の資料に基づいた基礎研究が海洋交易の理解に不可欠です。

近いうちにバハレーンを再訪して、石製装身具の記録を進めたいと考えています。

|

« バハレーンでの調査その2 | トップページ | 終わり »

南アジア考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574410/64904984

この記事へのトラックバック一覧です: バハレーンでの調査その3:

« バハレーンでの調査その2 | トップページ | 終わり »